ホームデジタルケーブルグラス・マスター Toslink 1m
商品詳細

グラス・マスター Toslink 1m

販売価格: 31,100円 (税込)
希望小売価格: 34,560円
数量:

 

 DH Labsがヒット作「Mirage USB」に続いて、またひとつ超強力モデルをリリースしました。「GLASS MASTER Toslink」です。

その大きな音質向上成果は、おそらく初回の試聴から多くのオーディオファイルの心を掴むことでしょう。間違いなくToslinkケーブルというものに対して持っていた概念は大幅に覆されることになります。  

 

 同社のREVELATIONインターコネクトやREVELATION SPを彷彿とさせる広大な音場と、低ノイズレベルの透明な空間に音像がホログラフィックに浮かびます。

何より周波数帯域の広さは圧倒的で、地面を揺らすかのような重低音から、繊細に尾を引いて伸びていく超高音域のエコー成分に至るまで、目が覚めるほどヴィヴィッドです。

中音域のヴォーカルにおいては肉太さが加わり、繊細なヴィブラートの波が深まるため、生々しいリアル感、立体感がきわめて印象的です。音楽表現のニュアンスの伝わり方は劇的に変化するでしょう。 

 

 さて、一本のケーブルでこれほどの音質向上を実現させるこの製品は一体どのような設計によっているのか、、 

 GLASS MASTERの素材には、一般のプラスチックファイバーに比べ、より優れたS/N比獲得に必要な受光角度の得られるグラスファイバーが選択されました。

特許技術によるドイツ製50μ天然クリスタルシリカ製グラスファイバー300芯を投入することにより、このように類を見ない広帯域幅と周波数レスポンスが実現したのです。

このレベルの精度に向けた光伝送のためには最高純度のガラス繊維を投入しなければならないことは勿論、そのための非常に多くのプロセスを要し、材料との関係においてきわめて慎重な制御とテストが要求されます。

つまり、屈折率分布、芯、外装材とコーティングを含む繊維ジオメトリー検査、抗張力検査、帯域幅能力、異なる波長の減衰テスト、色彩分散と数値的開口テスト等です。

更にGLASS MASTERには、ジッター減少のために高精度に研磨された接続ポイントの光学等級レンズ面に合わせたカスタムメイドの機械加工ゴールドプレートコネクターが用いられました。

微に入り細に入り極められたこれらの技術的探究こそDH Labsクォリティーの秘訣であり証しであるのです。 

(「オーディオアクセサリー銘機賞2018」受賞、「The Sound Apprentice Review(Jan.2017)」Recommend、「CRANE SCHOOL OF MUSIC」Recommend)

 

■Diameter:7.5mm、300 strands of proprietary glass fibers(50μ Natural Crystalline Silica x 300)、The Numerical aperture:0.57、Custom machined gold-plated connectors■ケーブル長:1.0m

(1.5m、2m、3m、4m、5m、6mの特注が可能です)

 

 

Appendance





<ご参考>


じつに30か月の期間を、

DH LabsはGlass Masterの研究開発に費やした。

伝送性を重視し、またきつい折り曲げの径によっても破砕しないために、

わざわざドイツから登録商標の本物のグラスファイバーを取り寄せたという。

最終製品にはどのような機器にでも対応できる広帯域幅を供給できるよう

その高純度グラスファイバー300芯が投入された。

また、このケーブルのテストの一部は、

異なる波長で、屈折率分布、繊維ジオメトリー検査、

確実な抗張力、帯域幅能力と減衰を含む。

言い換えれば、

これはただの光ケーブルではないのだ。


Glass Masterについてのすべては、ハイエンドオーディオ領域に入り込む。

私のSchiit Yggdrasil DACの上で、

S社製トスリンクのコネクタはしっかり噛むことなしに挿入されるため外に滑る。

しかし、GlassMasterのグリップは万力のようだ。

それは光透過のための安全な適合と完全な調整を確実にする。

音の輪郭のぼやけを防ぐために、

Toslink、USB、Coaxの音質パフォーマンスは、

コネクタとそれぞれのハードウェア端子との間での

こうした接続ポイントの実現が必須なのだ。

そう、Glass MasterはあなたのDACの聞こえ方をひっくり返すだろう。


Glass Masterを私のM社製とS社製 Toslinkケーブル、

そして75オームのデジタル同軸ケーブルと比較し、

その違いはリスニングにおいてひじょうに重要になると感じた。

実際、私のDVP-S9000ESにおいて、

同軸出力という標準的な選択より、私はGlass Masterを好む。

一般論として、同軸は装置の間でより単純な接続だ。

しかしS9000ESがディテールを表現する機器であることを考えたとき、

Glass Masterはより厳しい要求に応えてくれる。

それは、同軸とToslinkケーブルの多くが複数のWi-Fi機器周りで

DACへ行く途中一部の力を省略してケーブルを相互接続しなければならないためであり、

そのことはGlass Masterが同軸を上回った一つの理由であり得たと思う。


私は確信した、Glass Masterにおいて、

DH Labsが何らかの特別なことを成し遂げたと。



(「The Sound Apprentice」2016 12月より抜粋)

グラス・マスター Toslink 1m

販売価格: 31,100円 (税込)
希望小売価格: 34,560円
数量: